掲 示 板

89447

最後の恋 - えんじぇる

2017/11/15 (Wed) 02:57:39

   肉体は剥がれ 心鏡に冬紅葉

   冬紅葉に消え 神さまの御園へ

 
 最後の恋だから、大切にしたいと想う。
 鳩時計の、ポッポぽっぽ。
 まだ、俺にも、こんな感情が残っていたとは。自分でも、意外だ。いや、冬紅葉の妖艶さに見とれている内に、その魔法をかけられたのかも。とにかく、この小春日和を、少しでも長く、楽しんでいたい。妄想は、どんどん、膨らんでいく。
 先ず、カラオケに誘うことに。選曲により、相手の心の中が覗けるからだ。生き様が、鮮明に映し出される。薄暗い小部屋の小さな窓に、歌詞の流れる画面に。なるほど、この曲を心の糧に、応援歌に、不条理な日常を生きているのか。
 「カラオケは、嫌いです。」と言われたら、お話だ。ちょっと、話せば、相手は、すでに、丸裸。どんな人間か、言葉を通して、透けて見える。ただし、見ることは、見られていることだから、ご用心を。話に夢中で、自分自身が、いつしか、丸裸ってこともあるから。自分が話していることが、どういう意味を持つのかを、気付かないことが多い。あくまで、聞き役に回る方が、賢明だろう。・・・・
 なんか、ここまで、妄想して来て、自分自身が、楽しくなくなっている。俺って、何を考えているのだろうか。恋は、打算か。あーあ、最後の恋と決めているのに。もっと、ピュアに、純粋に。
 冬紅葉は、いつしか、乾き切り、路上に、カラカラと音を立てて、風に追い回されている。

Re: 最後の恋 - 野﨑憲子

2017/11/15 (Wed) 16:20:10

素敵!!

私は・・
最後の恋それは俳句よ冬怒濤・・・憲子

味気なしですね(笑)

今月の事前投句の締め切りは本日です。ご参加、楽しみにしています。

えんじぇるさん、「海程」香川句会・・待ってま~す!!


名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.