掲 示 板

115878
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

『金子兜太戦後俳句日記』 - 野﨑憲子

2019/02/22 (Fri) 23:42:48

『金子兜太戦後俳句日記(第一集)』が白水社から刊行されました。
金子兜太先生の膨大な日記の中から俳句に関わる箇所を中心に、ご子息の眞土氏の校訂により誕生しました。巻末には長谷川櫂氏の解説が掲載されています。第一集は、昭和32年から昭和51年までを収録しています。第2集は、本年8月、第3集は来年2月の刊行予定です。

一冊9千円(本体価格)と高額ですが、たくさんの方々に読んでもらいたいので、叶うなら、お住まいの近くの図書館へ、購読希望を出して欲しいと、先日の秩父での勉強会で「海原」編集長の堀之内長一さんが話していました。
皆様、どうぞよろしくお願い申し上げます。全国津々浦々の図書館に金子先生のご本があれば嬉しいですね。
私も、『金子兜太戦後俳句日記』、楽しみにしています。

早春譜 - 野﨑憲子

2019/02/20 (Wed) 15:17:19

昨年2月20日の深夜、金子兜太先生はご他界されました。
今日が一周忌です。でも、私は、忌日とか書きたくありません。先生は、いつもすぐそばにいらっしゃると信じています。

16日から、秩父での先生のお墓参りと、勉強会に行ってまいりました。菩提寺の総持寺(皆野町)では、先生のご子息眞土様ご夫妻や俳句道場でお世話になった鈴木孝信さんにもお目にかかれました。皆さま、とても素敵な笑顔で迎えてくださいました。嬉しかったです。墓前への道は白梅紅梅連翹などの花盛りで、早春の気をいっぱい頂いて帰りました。

この写真は、勉強会でいつも先生のお座りになる席に置かれていました。安西篤さんの現代俳句大賞受賞式での先生だそうです。勉強会は、50人ほどの人数でしたが、大盛会でした。
詳細は、後日、「リンク」より「海原」HPでご覧ください。

    おー来たか来たかと秩父山笑ふ・・・野﨑憲子

書道展 - 野﨑憲子

2019/02/15 (Fri) 21:38:42

今日は、本句会の仲間、漆原義典さんの所属する書道会の展覧会へ行ってまいりました。佐藤仁美の作品もありました。墨は、白と黒の世界ですが、だから余計に、造型の面白さが光るということも言えると思いました。漲るいのちの一瞬を見事に捉えた作品に感動しました。

明日は、金子先生の一周忌墓参と勉強会に秩父へまいります。句会の盛会を祈念いたしております。ではまた。
写真は、漆原さんの作品です。

野澤さんおめでとうございます。 - 島田章平

2019/02/14 (Thu) 08:56:01


 今朝の朝日香川俳壇入選 植田桂子選
 
 一散にわが愛犬は炬燵へと
 「ああ、寒かった!」と言いながら、バレンタインの
  チョコレートをポリポリと・・・

野澤さん、島田さん、おめでとうございます。 - 野﨑憲子

2019/02/14 (Thu) 20:47:45

一散にわが愛犬は炬燵へと 

野澤さんのワンちゃん、きっと袋回し句会でよく登場するトイ・プードル君ですね。お家の中で、野澤さんと一緒に暮らす幸せなワンちゃんの姿が目に見えるようです。おめでとうございます!!

島田さんの作品も入選されていました。おめでとうございます

蝶の冬けふ一日が穏やかに

<蝶の冬>の斡旋が、新鮮です。ゆったりとした時間の流れが見事に表現されています。

今日はバレンタインでした。今、パソコンを開き、島田さんのコメントを見て気づきました。懐かしいです。

数日前、漆原義典さんから第60回記念墨香書道展の案内状が届きました。うっかりご案内を失念していました。申し訳ないです。私は、16日の句会に所用で出られないので、完成した句稿を持ち、明日、漆原さんの書道展へ午後から参上する予定です。これから、句稿を完成させます。ではご案内を!

会期 平成31年2月13日(水)~17日(日)
  9:00~17:00(ただし最終日は15:00まで)
会場 香川県立ミュージアム(学生の部・一般の部)

島田章平さんおめでとうございます - 野﨑憲子

2019/02/10 (Sun) 20:29:40

本日の朝日俳壇(大串章選)最上段巻頭句

 白梅や兜太白寿の銀世界   (高松市)島田章平
評)兜太先生が九十八歳で亡くなって一年。先生はまだ作者の胸中で生きている。

白梅や老子無心の旅に住む・・・これは、先生の初めて創られた作品で、昭和12年、先生が18歳の旧制水戸高校生時代のもです。島田さんの作品は、通底した何かを感じます。お見事です。おめでとうございます。ますますのご健吟とご活躍を祈念申し上げます。

先生の「金子兜太戦後俳句日記 全3巻」が白水社から刊行されます。第一巻は今月20日発売の予定だそうです。今から楽しみです。


有難うございました。 - 島田章平

2019/02/10 (Sun) 21:32:01

 
 「他界」とは私達の心の中にあるのかもしれません。

早春の淡路島 - 野﨑憲子

2019/02/09 (Sat) 01:31:15

一昨日は、中野佑海さんの車に乗せていただき六月開催の本句会の淡路島一泊吟行の下見に行ってまいりました。

淡路島では、竹本 仰さんご夫妻の車で、水仙の香の漂う景勝地を巡りました。竹本さんがご住職をされている「長泉寺」は、震災で甚大な被害を受けその後再建されましたが、温かな中に凛とした格調を持った素晴らしいお寺でした。そして歴史あるお庭には、枝垂れ梅がこれから満開を迎えます。
ご夫妻で、色んな吟行候補地をご案内くださり美しい淡路島を満喫しました。感謝です!!

写真は、最初に向った「若人の広場」のシンボル塔です。戦没学生を追悼した塔で、丹下健三作とのことです。6月の吟行が、今からとても楽しみです。

立春大吉 - 野﨑憲子

2019/02/04 (Mon) 23:28:26

今日は、「立春大吉」のお葉書を俳句仲間の方からいただきました。とても嬉しくて私も掲示板で真似をしてみました。

島田さん、素晴らしいメッセージをありがとうございました。
その通りですね。人類の英知が生み出した言葉。その言葉が紡ぎ出す陽光溢れる世界に、崖っぷちに立つ現代社会の未来をひらく鍵が潜んでいると私も強く感じています。

春光の眩しい一日でした。でも、まだまだ寒い日が続くと思います。皆さま余寒ご自愛ください。

今月は、事前投句の締切が12日(火)となっています。お早目にお願いできれば幸いです。

節分会 - 野﨑憲子

2019/02/03 (Sun) 23:55:57

今日は。2月3日。我が家でも、鰯の頭に柊の枝を挿して玄関に飾り、豆まきをし、恵方巻きを作りました。明日は、いよいよ立春。

本日の朝日歌壇馬場あき子選巻頭の一首
ベルリンの壁崩壊が平成の始まり終りはトランプの壁
(高松市)島田章平

評)平成元年(1989)に印象的なのはベルリンの壁の崩壊、その映像は忘れがたいが、平成最後の年のニュースはメキシコとの国境のトランプの壁。象徴的な壁による国際状況への憂いを詠む一首。

島田さん、本年も絶好調ですね。おめでとうございます!!
社会詠のお手本のような一首です。「人間の作る壁」の愚かさ、人類の叡智よ何処にと心底思います。

有難うございました - 島田章平

2019/02/04 (Mon) 04:09:30

 
  人間は「愚かな壁」を作りますが、壁を壊すのも人間。
 人種を離れて結び合う「人間の鎖」。
 人間の英知を信じます。

コンサートのご案内です - 野﨑憲子

2019/01/24 (Thu) 22:29:54

月野ぽぽなさんからのご案内を以下に紹介させていただきます。ご盛会を祈念いたしております。

夫、木川貴幸が帰国中で、この27日(日)に京都でコンサートをいたします。ご興味のある方に来ていただけたら嬉しいです。

1月27日(日)午後8時
カフェ・モンタージュ
京都府京都市中京区夷川通柳馬場五丁目239-1
Tel: 075-744-1070
HP: Cafe MONTAGE
プログラム:ルチアーノ・ベリオ「ピアノソナタ」、ベアート・フラー「ファズマ」
http://www.cafe-montage.com/prg/190127.html


Re: コンサートのご案内です - ぽぽな

2019/02/03 (Sun) 08:21:10

野崎さん、ご案内をありがとうございました!おかげさまで無事大盛況のうちに終了いたしました。春はもううぐ。どうぞ良い日々をお送りください。

Re: コンサートのご案内です - 野﨑憲子

2019/02/03 (Sun) 23:29:59

大盛況だったとのこと、素晴らしいです!!
いつか、私も、ご主人様のコンサートへ参上したいです。只今、家の雑事が多く、なかなか自分の時間が取れません。16日からの「海原」吟行勉強会は、久々の遠出です。お忙しいと存じますが、寒中ご自愛ください。

今日から二月 - 野﨑憲子

2019/02/01 (Fri) 23:10:16

昨日から曇天がつづいていましたが、お昼からはからりと晴れあがり早春の光りを感じました。辛夷の蕾も膨らんでまいりました。
本日の朝日川柳(西木空人選)の巻頭に島田章平さんの

  ☆ 流氷の流れつきたる嘘の国   
                   評)網走に接岸。
が選ばれていました。島田さんおめでとうございます。私は、国後択捉あたりを想像しましたが、国境なんてなかったら争いなど起こらないのにと思ってしまいます。

ブログの<今月の作品集>を更新しました。ご覧ください。

            https://kaitei-kagawa.com/  

有難うございました。 - 島田章平

2019/02/02 (Sat) 10:59:42


 真っ白な流氷も溶ければ濁り水。
 次から次へ暴かれる嘘。
 氷山の一角かも?


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.